Loading...

暮らしにやさしさをプラスするトヨタウェルキャブシリーズ 「親子に同じ質問をしてみた」篇ドキュメンタリー動画事例

ドキュメンタリーCMギャラリー

ドキュメンタリーの映像制作、動画制作のご参考にご活用いただけるよう、

ドキュメンタリー動画、ドキュメンタリー映像の事例をご紹介いたします。

<内容>

離れて暮らす5組の親子に

親子別々の部屋で、親にも子にも、

*どのくらい連絡をとりあっていますか?

*どのくらい思い出しますか?

*お互いにもらった思い出のものは?

*家を出たときどう思いましたか?

という同じ質問をした後、

親の回答を子どもに見てもらう

という内容のドキュメンタリー映像です。

<コメント>

実はこのドキュメンタリー動画は

”ウェルキャブ”と命名されたトヨタの福祉車両の

コマーシャルドキュメンタリー映像です。

子どもが、親の回答を見たときに、

離れて暮らす両親が、

自分が思っている以上に、

我が子を想い、気にかけ、心配し、

愛情を注いでくれている

ということに気づきます。

両親を、もっと

大事にしなきゃ、

感謝したい、

恩返ししたい、

という、反省と感謝の入り混じった気持ちが

湧いてくる場面は

視聴者が大いに共感するポイントではないでしょうか。

高齢の両親を介助する立場の方々にとって

心を動かすドキュメンタリー映像となっており、

最後のキャッチフレーズ

”愛されている分だけやさしさで返そう

感謝したい気持ちをのせて”

”暮らしにやさしさをプラスする

トヨタウェルキャブシリーズ”

というキャッチフレーズが

自然と心に響きます。

<企業情報>

トヨタ自動車株式会社

前の記事

次の記事

お気軽にお問合せください

ドキュメンタリーブランディング、
動画制作・映像制作に関して、どんなことでもお気軽にご相談ください。
土・日・祝日・休業日以外は24時間以内に返信いたします。

03-3543-0303 平日10:00~18:00(土・日・祝日を除く)

お問合せはこちら