Loading...

SBCメディカルグループ 総括院長 相川佳之 ドキュメンタリー映像事例

SBCメディカルグループ 総括院長 相川佳之 ドキュメンタリー映像事例

ドキュメンタリーCMギャラリー

ドキュメンタリーの映像制作、動画制作のご参考にご活用いただけるよう、

ドキュメンタリー動画、ドキュメンタリー映像の事例をご紹介いたします。

<内容>

美容医療業界トップの

SBCメディカルグループ 総括院長 が

自分のコンプレックスを解消できなかったことをきっかけに

美容医療の道を歩み始めましたが、

美容医療の業界への憤りを感じたことから

自らクリニックを開業し、

その後、数々の困難を乗り越え

今に至るまでのドキュメンタリー映像です。

<コメント>

こちらはSBCメディカルグループの採用ブランディングのための

ドキュメンタリー映像です。

こちらのドキュメンタリー映像のような

主人公が、元々は未熟だった状態から、

いくつもの壁を乗り越えながら、成長していく

というストーリー構成は

多くのドキュメンタリー映像や映画、小説などで使用されています。

このようなストーリーの基本構成に、

苦悩、壁にぶつかりながらも、

何としてもそれを乗り越える情熱、

絶対にゆずれないこだわり、想い、

喜んだことや、逆に葛藤を感じたこと、

などが盛り込まれ、

ドラマチックなストーリーの

ドキュメンタリー映像となっています。

また、このドキュメンタリー映像では

お客様の気持ちに寄り添い、

美容医療業界の問題点を解消しているクリニック

というイメージが持てるストーリーとなっており、

ブランディングにつながる

採用ドキュメンタリー映像となっています。

<企業情報>

SBC メディカルグループ

「パパ検定」~世界一簡単な問題です~ドキュメンタリー映像事例

「パパ検定」~世界一簡単な問題です~ドキュメンタリー映像事例

ドキュメンタリーCMギャラリー

ドキュメンタリーの映像制作、動画制作のご参考にご活用いただけるよう、

ドキュメンタリー動画、ドキュメンタリー映像の事例をご紹介いたします。

<内容>

パパに内緒で集められた小学生くらいの子どもたちが、

”パパのことをどれだけ知っているか”

パパについての質問に答えていく検定を受けます。

子どもたちは、パパについての質問に

次々と回答していきます。

質問内容は

パパは何歳ですか?

パパの誕生日は?

パパの好きな食べ物は?

パパの得意料理は?

パパの好きな色は?

など。

その様子をカメラにおさめ、

子どもたちがパパ検定に回答する様子を

パパたちに見てもらうというドキュメンタリー映像です。

<コメント>

こちらは長崎県が

男性が家事や育児等に参画していくことを推進していく啓発活動

の一環で制作した

ドキュメンタリー映像です。

行政から男性も家事育児に参加しましょう、

と言われても

仕事が忙しいという理由で、難しい、と思ってしまう

パパが多いのではないでしょうか。

しかし、このドキュメンタリー映像は

行政側からではなくて、

子ども目線からのメッセージが発信されます。

「大好きなパパのことをもっと知りたい」

「もっとパパと一緒に過ごしたい」

と子どもから言われてしまったら

自然と

もっと家族と一緒に過ごすようにしよう、

と思うのが

多くのパパの気持ちではないでしょうか。

”もっと家族の時間を”

という言葉が自然に受けとれるドキュメンタリー映像です。

<企業情報>

長崎県庁

暮らしにやさしさをプラスするトヨタウェルキャブシリーズ 「親子に同じ質問をしてみた」篇ドキュメンタリー動画事例

暮らしにやさしさをプラスするトヨタウェルキャブシリーズ 「親子に同じ質問をしてみた」篇ドキュメンタリー動画事例

ドキュメンタリーCMギャラリー

ドキュメンタリーの映像制作、動画制作のご参考にご活用いただけるよう、

ドキュメンタリー動画、ドキュメンタリー映像の事例をご紹介いたします。

<内容>

離れて暮らす5組の親子に

親子別々の部屋で、親にも子にも、

*どのくらい連絡をとりあっていますか?

*どのくらい思い出しますか?

*お互いにもらった思い出のものは?

*家を出たときどう思いましたか?

という同じ質問をした後、

親の回答を子どもに見てもらう

という内容のドキュメンタリー映像です。

<コメント>

実はこのドキュメンタリー動画は

”ウェルキャブ”と命名されたトヨタの福祉車両の

コマーシャルドキュメンタリー映像です。

子どもが、親の回答を見たときに、

離れて暮らす両親が、

自分が思っている以上に、

我が子を想い、気にかけ、心配し、

愛情を注いでくれている

ということに気づきます。

両親を、もっと

大事にしなきゃ、

感謝したい、

恩返ししたい、

という、反省と感謝の入り混じった気持ちが

湧いてくる場面は

視聴者が大いに共感するポイントではないでしょうか。

高齢の両親を介助する立場の方々にとって

心を動かすドキュメンタリー映像となっており、

最後のキャッチフレーズ

”愛されている分だけやさしさで返そう

感謝したい気持ちをのせて”

”暮らしにやさしさをプラスする

トヨタウェルキャブシリーズ”

というキャッチフレーズが

自然と心に響きます。

<企業情報>

トヨタ自動車株式会社

ANA 1 Ticket ~魔法のチケット~ ドキュメンタリー映像 事例

ANA 1 Ticket ~魔法のチケット~ ドキュメンタリー映像 事例

ドキュメンタリーCMギャラリー

ドキュメンタリーの映像制作、動画制作のご参考にご活用いただけるよう、

ドキュメンタリー動画、ドキュメンタリー映像の事例をご紹介いたします。

<内容>

家族で旅行へ行きたい場所を聞かれ

家族旅行の絵を描いた子どもたちに

世界中どこでもいける

魔法の飛行機チケットが手渡されます。

しかし、その魔法の飛行機チケットは

家族の人数よりも1枚少ない枚数しかありません。

1枚の飛行機チケットにつき

1人の名前を書かなければなりませんが、

子どもたちは誰を家に置いていったらいいのか

悩みに悩みます。

悩んだ挙句の果てに、

家族全員で旅行に行けないのならば、行かない

と言って

チケットを返してしまう

というドキュメンタリー映像です。

<コメント>

このドキュメンタリー動画は

ANAの

旅のスタイルにあわせて

航空券と宿泊を自由に組み合わせて作る

オリジナルフリープラン。「旅作(たびさく)」

をPRするために作成されたドキュメンタリー映像です。

家族の人数よりも1枚少ない飛行機チケットをもらった

子どもたちが

家族全員で旅行に行けないのならば、行かない

という選択をし、

予想外の回答に驚く両親。

視聴者が、子どもを持つ方であれば

子どもたちの、家族を想う優しさに

感動し、涙してしまう

親たちの気持ちに共感するのではないでしょうか。

そして、子どもたちの

”家族全員で”旅行に行きたい

という想いに応えたくなるに違いありません。

映像の最後に

”短くても家族みんなで行く旅は特別

思い立ったら予約してさあ行きたい場所へ”

というキャッチフレーズが

目に写りこんできた瞬間に

旅の予約をしてしまいそうになる

ドキュメンタリー映像です。

<企業情報>

ANA

写プライズドキュメンタリー #09「友情」篇/富士フイルム×SH ドキュメンタリー映像事例

写プライズドキュメンタリー #09「友情」篇/富士フイルム×SH ドキュメンタリー映像事例

ドキュメンタリーCMギャラリー

ドキュメンタリーの映像制作、動画制作のご参考にご活用いただけるよう、

ドキュメンタリー動画、ドキュメンタリー映像の事例をご紹介いたします。

<内容>

大学時代の仲良しメンバーのひとりが、

結婚するということで、

仲良しメンバーの思い出の写真が、一面に飾られた部屋を用意し

サプライズのお祝いをする

という内容のドキュメンタリー映像です。

<コメント>

このドキュメンタリー映像を通じて

FUJIFILMが

” 写プライズ”

という写真を使った嬉しいサプライズ

を提案しています。

大切な思い出がつまった写真が

一面に飾られた部屋で

懐かしさに浸っていたところ、

仲良しメンバーが登場し

感極まる主人公。

写真を使ったサプライズが

人に感動を与えることが

自然と伝わる

ドキュメンタリー映像です。

<企業情報>

富士フイルム株式会社